<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>      管理者ページ
ペットドア取り付け − 
 翌日

 ペットドアを取り付けた当日は、いくらやってもドアを通り抜けてくれなかったミーだったけど、翌日気が付くとごく普通に出入りしていた。
なんだよ〜人が見ている前ではやらないんだな。
まるで「人の言うなりになんかならないもん。自分の意思で私は動くんだも〜ん。」とでも考えているよう。

upちょこまかと動きが早くて、猛スピードでドアを通り抜けるのでなかなかカメラに収めることができなかった。

 夜、私がベッドに入ったあとにおもむろにペットドアをくぐり抜け、ミーがやってきた。
 最初の頃は、寝るときにはベッドに連れてきて一緒に寝ていたけれど、できればミーの意思を尊重して自分が寝たいところで寝かせてあげたいと思っていた。
最近はそのまま居間において、私は寝室に入るようにしていたけど、本当は一緒にベッドで寝たいのかなぁとかちょっと気になっていた。
でも、今日はミー自ら自分の意思でベッドに来たのだ〜!
 なんとなく意思の疎通ができたようで嬉しい。

 やっぱり猫ってのは自由に行きたい所に行きたい時に行動できなきゃね。
誰にも何事にも束縛されない猫人生万歳!

にほんブログ村 猫ブログへ にほんブログ村 猫ブログ MIXハチワレ猫へ
| comments(0) | trackbacks(0) |
ペットドア取り付け − 
 ペットドアを取り付ける

 夜中にミーの声に聞き耳を立ててドアを開けなくてもいいように、3階の寝室のドアにペットドアをつけようと思う。
家のドアに穴を堂々と開けることができるなんて、一生のうちで何度もあることではないので、ワクワクかなり興奮気味>自分

up今回、私の餌食になってしまうのはこのドア。

upドアをはずさなくても作業はできるけれど、はずした方が切りやすいので、今回ははずした。
ドアについている2つの蝶番のカバーをはずして、上に持ち上げると簡単にドアは外れる。
新聞紙を敷いて、大昔に作って今は廃棄寸前の棚を下に置き、作業開始。
下に台を置かないと、床板まで切る羽目になる。まぁ、そんなときはパテ埋めすればOKさ(笑)

upペットドアはネットで購入。
ドアが真ん中で折れるタイプで、取っ手の色に合わせてダークブラウンをチョイス。
使用しないときはカバーをしておくこともできる。
すかさずミー隊長のチェックがはいる。

up今回私が準備した工具
上から、
・電動ドリル
  ない場合はキリや大きめのドライバーでもなんとかいけるかも。
  要はのこぎりが入る大きさを開けることができればなんでもいい。
  厚い一枚板のドアの場合は、電動ドリルがないときついかな。
・のこぎり
  先の細い小さめのもの。
・ドライバー
・えんぴつ
  後で消せるものならなんでもOK。
・定規類
  差し金があると垂直に線を引けるので便利。

upまずはミーの足の長さを計ってから(これが一番大変だった)、足の高さの位置に説明書に書いてある大きさの線を引く。
後で消しゴムで消せる鉛筆で(B以上推奨)。

up四隅を電動ドリルで、のこぎりが入る大きさを開ける。
このドアはベニヤ板が2枚張られているタイプなので、後ろのベニヤまで垂直に貫通するように。
多少線からはみ出ても後からカバーをしてしまうので気にしない。

up穴を開けたところからのこぎりで線通りに後ろのベニヤ板まで2枚一気に切る。
ベニヤ板2枚だからカットするのは楽だけど、あ〜電動ジグソーが欲しいなぁ。
再三言うけど(笑)後でカバーをするので、多少ガタガタでも全然問題なし。

up切り取ったところ。

up余談ですが、切ったドアの中はこのようになっていた。
ダンボールみたいな紙っぽい板がハニカム状に入ってる。
う〜ん、結構チープな造りなんだな。
もし、2枚のベニヤ板の中が空洞だったら、芯となる木材を入れて補強した方がいいと思う。

upペットドアをはめるのは立てかけておいたほうが楽なので、ここでドアを取り付け。
ドアははずすのはひとりでも簡単だけど、はめるときはひとりだと結構大変なのだ。

upドライバーで四隅のネジを固定。
反対側で裏のパネルを押さえてくれる人がいると、楽に固定できると思う。
ここで、きつくネジを締めすぎるとドアの開きが悪くなるので、通常のネジを締めるときよりも少々ゆるめでいいかと。
付属のキャップをネジ穴にはめて完成。

upこんな感じ。

up電動ドリルの音で一時避難していたミー隊長がすかさずやってきて、最終チェックがはいる。
蓋部分と枠に磁石が付いていて、それでぴったり閉まるようになっているけれど、磁石の力が強くてまだミーには無理っぽいので、最初のうちは扉側に付いた磁石を取って使用することにした。

upドアに手を突っ込んだりして遊んでくれるものの、まだここが自由に通れるドアだということはわかってないらしい。
いつ理解できるんだろうか。

にほんブログ村 猫ブログへ にほんブログ村 猫ブログ MIXハチワレ猫へ
| comments(4) | trackbacks(0) |