<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>      管理者ページ
ペットドア取り付け − 
 ペットドアを取り付ける

 夜中にミーの声に聞き耳を立ててドアを開けなくてもいいように、3階の寝室のドアにペットドアをつけようと思う。
家のドアに穴を堂々と開けることができるなんて、一生のうちで何度もあることではないので、ワクワクかなり興奮気味>自分

up今回、私の餌食になってしまうのはこのドア。

upドアをはずさなくても作業はできるけれど、はずした方が切りやすいので、今回ははずした。
ドアについている2つの蝶番のカバーをはずして、上に持ち上げると簡単にドアは外れる。
新聞紙を敷いて、大昔に作って今は廃棄寸前の棚を下に置き、作業開始。
下に台を置かないと、床板まで切る羽目になる。まぁ、そんなときはパテ埋めすればOKさ(笑)

upペットドアはネットで購入。
ドアが真ん中で折れるタイプで、取っ手の色に合わせてダークブラウンをチョイス。
使用しないときはカバーをしておくこともできる。
すかさずミー隊長のチェックがはいる。

up今回私が準備した工具
上から、
・電動ドリル
  ない場合はキリや大きめのドライバーでもなんとかいけるかも。
  要はのこぎりが入る大きさを開けることができればなんでもいい。
  厚い一枚板のドアの場合は、電動ドリルがないときついかな。
・のこぎり
  先の細い小さめのもの。
・ドライバー
・えんぴつ
  後で消せるものならなんでもOK。
・定規類
  差し金があると垂直に線を引けるので便利。

upまずはミーの足の長さを計ってから(これが一番大変だった)、足の高さの位置に説明書に書いてある大きさの線を引く。
後で消しゴムで消せる鉛筆で(B以上推奨)。

up四隅を電動ドリルで、のこぎりが入る大きさを開ける。
このドアはベニヤ板が2枚張られているタイプなので、後ろのベニヤまで垂直に貫通するように。
多少線からはみ出ても後からカバーをしてしまうので気にしない。

up穴を開けたところからのこぎりで線通りに後ろのベニヤ板まで2枚一気に切る。
ベニヤ板2枚だからカットするのは楽だけど、あ〜電動ジグソーが欲しいなぁ。
再三言うけど(笑)後でカバーをするので、多少ガタガタでも全然問題なし。

up切り取ったところ。

up余談ですが、切ったドアの中はこのようになっていた。
ダンボールみたいな紙っぽい板がハニカム状に入ってる。
う〜ん、結構チープな造りなんだな。
もし、2枚のベニヤ板の中が空洞だったら、芯となる木材を入れて補強した方がいいと思う。

upペットドアをはめるのは立てかけておいたほうが楽なので、ここでドアを取り付け。
ドアははずすのはひとりでも簡単だけど、はめるときはひとりだと結構大変なのだ。

upドライバーで四隅のネジを固定。
反対側で裏のパネルを押さえてくれる人がいると、楽に固定できると思う。
ここで、きつくネジを締めすぎるとドアの開きが悪くなるので、通常のネジを締めるときよりも少々ゆるめでいいかと。
付属のキャップをネジ穴にはめて完成。

upこんな感じ。

up電動ドリルの音で一時避難していたミー隊長がすかさずやってきて、最終チェックがはいる。
蓋部分と枠に磁石が付いていて、それでぴったり閉まるようになっているけれど、磁石の力が強くてまだミーには無理っぽいので、最初のうちは扉側に付いた磁石を取って使用することにした。

upドアに手を突っ込んだりして遊んでくれるものの、まだここが自由に通れるドアだということはわかってないらしい。
いつ理解できるんだろうか。

にほんブログ村 猫ブログへ にほんブログ村 猫ブログ MIXハチワレ猫へ
| comments(4) | trackbacks(0) |

 Comment


  きぃ | 2009/02/17 9:15 PM |
自分で取り付けられる、ゆうさん凄い〜。
私は間違いなく無理かも。

で、ミーはその後通るようになりましたか?
そう言えば家では、猫を持ち上げて頭からドアを通したような記憶があります。

トイレに失敗した時も、直後にトイレに抱きかかえて入れてみたりも(笑
何回かやっていると失敗しなくなりました。
今頃思い出しても遅かった、みたいな。



  ゆう | 2009/02/17 10:26 PM |
気合があれば(笑)そんなに難しくないよ。
いつも私の木工作業の補助役をしている小5の娘も「結構簡単にできるんだ〜」って言ってたし。

ミーは当日は通る気はなかったようだけど、次の日からはもう普通に通り抜けてたよ。
へ〜すぐ理解できてなかなか頭いいじゃん!って思ったのもつかの間、私の布団におしっこした。
あれは失敗とかではなく、あえて私の布団にするという確信犯だ!許さん!


  蔵 | 2017/04/10 7:03 PM |
初めまして。ずいぶんと更新されていないので、どうされているのかなぁと思いますが、
ペットドアを取りつけたくて探していたら、ここにたどり着きまして、
一番わかりやすかったので、こちらを参考にしてやってみることにしました。
こちらのブログのおかげで、意外に簡単に取り付けることができました。ありがとうございました!

それと、こちらにドアの内部の写真が載っていましたが、えっ?!内部ってこんなの!?とびっくりしましたが、うちのと同じでした。(笑)

ペットドアをくぐり抜けるガッタンという音だけは何とかならないかなぁと、唯一の不満かな。

作り方、参考にさせていただきありがとうございました!




  ゆう | 2017/04/10 7:36 PM |
こんな大昔のブログにコメントしていただいてびっくり!ありがとうございます。
なんて律儀ないい方なんでしょう。

ドアに穴空けるなんて!ってみんなに言われたけどやってみると結構簡単だし見た目も悪くないですよね。
あ〜確かに音が大きいですね〜。
夜中に出入りするとバッタン!の音で目が覚めちゃったりします。
あ、ちなみに今もこのペットドアと猫は健在です。結構丈夫ですね。











 Trackback

URL → http://blog.yuuneko.chu.jp/trackback/802658