<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>      管理者ページ
病院 − 
 ミー、預ける

 所用で家を空けるので、ミーを1日どこかに預かってもらうことになってしまった。
いや、それがわかっていたからミーを貰うのはこの後にしようと思っていたんだけれど。
 どうせ実家も猫飼ってるから、実家に預かってもらおうと打診したら、実家の2匹の猫のうち1匹が人間には臆病なくせに小動物にはかなり攻撃的で、少し前に子猫に大ケガをさせてしまったらしい。もしものことがあると困る、と預かってもらうことができなくなってしまった。
 困った挙句に、いつも行っている動物病院に預かってくれるところがないか伺ったら、その病院でも預かってくれるという。
やった〜!病院なら一番安心だ。
でもミーはまだ予防接種をしていないので、完全隔離の空気循環型保育器(命名:自分)に入れるそうなので少し割高になってしまうらしい。すごく申し訳なさそうに何度も念を押してたけど、いや、それでもかなり私はお安いと思うんですよ。
 ちょうど病院の休診日をはさんでしまうので2泊3日になってしまったけれど、あ〜これで一安心だ。

upソファの背もたれに上って、掛かっているカレンダーを攻撃するのが好きらしい。

にほんブログ村 猫ブログへ にほんブログ村 猫ブログ MIXハチワレ猫へ
| comments(0) | trackbacks(0) |
病院 − 
 ミーの健康診断

 健康診断と目ヤニを診てもらうために、動物病院に連れて行く。
ダニ・ノミなし。耳もOK。
目ヤニはウイルスかもしれないということで飲み薬を貰った。
それと子猫用のエサも。
体重は0.4kg。かっる〜い!
 
 ところで今回初めての動物病院に行った。
先住猫のときは別の病院に通っていたけれど、少し遠かったのでできれば近いところを、とネットで探してなんとなくよさそうなところを見つけた。
 そこはまだ開院して2年ぐらいのところで商店街にこじんまりと可愛くあった。
まだ新しいからとても明るくて清潔で、どうやら先生夫婦と母親でやってるようなアットホームな病院だった。
 私が子猫を看るのは初めてということを言ったら、いろいろと説明をしてくれた。
 先住の猫の晩年は、病気や骨折で何度も病院に足を運ばなくてはいけないような状態で、そのときに通っていた病院は、大きくて従業員もお客さんもたくさんいて設備も整っていて、とてもお世話になったけれど、肝臓も腎臓も区別が付かないような病気に疎い自分にとってはちょっと説明が難しすぎて言ってることの半分も理解できなかった。でもここの先生はちゃんと私にわかるレベルで話してくれるのでありがたい。
 なにより「動物大好き!」オーラに包まれている先生なので、これからはここでお世話になろうと思う。



 病院に行った後に、ペットショップでケージとネコ砂とネコのおもちゃを買ってきた。
ケージは、ネコを夜だけこの中に入れて、自分は安息の睡眠時間を確保しようと考えたわけだ。
 ネコ砂といっしょにトイレボックスも買おうかと思ったけれど、どれも高さがかなりあってうちの子ネコじゃ上ることも出来ないので、やめた。
とりあえず海苔かなんかが入っていた大きめの缶にネコ砂をいれることにした。
 
 ネコ砂を入れてミーを上に乗せてみたら、あら不思議、すぐおしっこをした。ネコ砂万歳!!

 夜、ケージに入れてしばらく様子をみようとしたらミィミィ鳴き続けて、それを聞いていたらこっちの胃が痛くなってきた。
これじゃ、ベッドに入っても気になって寝れないじゃないかと思い、結局その鳴き声に耐えられなくなって、またベッドに連れて行ってしまった。
 夜はおしっこされなかったけれど、明け方しっかりベッドにされた。
私の安息の睡眠はいつくるんだ〜。

にほんブログ村 猫ブログへ にほんブログ村 猫ブログ MIXハチワレ猫へ
| comments(0) | trackbacks(0) |